プラチナカードの海外旅行保険はどこまで使えるか

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

amex_business_platinum_201502

 

プラチナカード級のクレジットカードには、利用・自動含め、充実した海外旅行保険が付帯されています。
この海外旅行保険がどこまで使えるか検証します。

海外旅行保険で最も重視すべき保証は、傷害治療費用保険金疾病治療費用保険金です。

よく、「最高1億円の海外旅行保険」を銘打っているカードがありますが、それは傷害死亡・後遺障害の保障額を謳っていることがほとんどです。傷害死亡・後遺障害に関しては、自分自身が旅行先で死んでしまったり、重篤な後遺症が残った時に支払われる保険金なので億単位の金額があって当然なのです。

海外旅行の保険でダントツに利用割合が多いのがこの傷害治療費用保険金疾病治療費用保険金です。

例えば、「海外旅行中に食中毒で通院した」とか「旅先で転んで骨折した」などはこれに当たります。アメリカで盲腸の手術をするとおよそ200〜300万円が必要になります。

私も利用経験あります→インド旅行で通院した時にカードの保険を説明する方法

 

プラチナカードは各保険金額が高い設定になっています。カード会社ごとの比較をしてみました。




  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

傷害治療費用保険金:最高1,000万円 (自動付帯)
疾病治療費用保険金:最高1,000万円 (自動付帯)

  • ダイナースクラブカード

傷害治療費用保険金:300万円 (自動付帯)

疾病治療費用保険金:300万円 (自動付帯)

  • JCBザ・クラス

傷害治療費用保険金:最高1,000万円 (自動付帯)
疾病治療費用保険金:最高1,000万円 (自動付帯)

  • シティ プラチナカード

傷害治療費用保険金:最高500万円 (利用付帯)
疾病治療費用保険金:最高500万円 (利用付帯)

  • 三井住友プラチナカード

傷害治療費用保険金:最高500万円 (自動付帯)
疾病治療費用保険金:最高500万円 (自動付帯)

 

 

アメックスプラチナはやはり高めの設定ですね。JCBザ・クラスは意外にも海外旅行保険も充実しています。一方で、ダイナースはしょぼさが否めません。ダイナースプレミアムだと条件が変わると思いますが、平ダイナースのみで海外旅行保険はカバーできないかもしれませんね。

 

プラチナカードに付帯される海外旅行保険はカード会社によって保証条件が異なります。プラチナカードがあるから大丈夫と過信せずに、今一度保険内容を確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

© プラチナ・カード・ライフスタイル (http://platinum.blogs.jp.net)

 

 

気になる方はクリック!
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です