最もオトクなプラチナカードがJCBザ・クラスである理由

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

jcb_the_class_logo

プラチナカードって年会費高いですよね。もし年会費14万円のAMEXプラチナ・カードを、旅行やエンターテイメントで使わなかった場合、「年会費還元率」はそんなに高くない気がします。

年会費還元率とは、「払った年会費がどれだけサービスとなって返ってくるか」の比率です。




JCBザ・クラスの還元率がめちゃ高い

多摩から世界へさん「JCBザ・クラスがすごい!クレジットカードの「年会費還元率」って知ってますか?

この記事によると、JCBザ・クラスの年会費還元率は、なんと90%を超えているそうです。つまりJCBザ・クラスの年会費50,000円の内、47,000円ほどは会員にサービスとしてお金が返ってきていることになります。

クラスの還元率が高い理由とは

JCBザ・クラスで最も還元率増加に寄与しているサービスは間違いなく「メンバーズセレクション」です。メンバーズセレクションは、20,000円相当のカタログギフトなんですが、一般人が行くことの出来ないディズニーランドのクラブ33の招待券なんかもあったりして、その還元度合いはもはや数値化出来ないレベルだったりします。また、コンシェルジェデスクも運営だけで相当な費用がかかっていますが、ザ・クラスホルダーは24時間365日のデスク対応が受けられます。こういった様々なサービスが積み重なり90%を超える還元率になるんですね。

AMEXプラチナ・カードも負けてないと思う

感覚論として、使えば使うほどAMEXプラチナ・カードは還元率が上がります。毎年貰えるフリー・ステイ・ギフトは2〜3万円分の宿泊チケットですし、コンシェルジェデスク経由でファインホテルアンドリゾートを年に2〜3回、SPGゴールドでホテルライフを年に数回、プライオリティ・パス、ダイニング・アクセスや国内リゾートアクセスなどの優待を使えば、あっという間に年会費14万円の元が取れてしまいます。つまりそれなりに使えばほとんど100%の還元率になるAMEXプラチナ・カードも優秀です。

還元率だけが性能ではないが

もちろん還元率だけを数値で見たら、AMEXプラチナ・カードはJCBザ・クラスには及びません。ただ、そのカードを持つ喜びや、自分の財布にブランドカードが入っている感動は、クラスにも負けないはずです。還元率も指標にしつつ、自分のプラチナ・カード・ライフスタイルを探してみてはいかがでしょうか。

 


関連記事




友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です