→ デルタアメックスゴールドの詳細はこちら
  → アメックス ゴールド・カードの詳細はこちら
  → セゾンプラチナアメックスの詳細はこちら
  → ダイナースクラブカードの詳細はこちら
  → spgアメックスの詳細はこちら

すかいらーくとクレジットカードとフィンテック経営論

友だち追加 ←管理人と公式LINE出来ます
    None Found
LINEで送る
Pocket

skylark_with_amex

ガストに行ってきました。私は用途に応じてこういったカジュアルなお店も結構行くんですが、すかいらーくグループであるガストでは、ちゃんとクレジットカードが利用できます。

実はすかいらーくって長年クレジットカード決済非対応を貫いてきた企業なんですが、2012年にようやく重い腰を上げてクレカ決済に対応してくれました。





やっぱり導入してよかったでしょ

飲食店でのクレジットカード決済導入のメリットに関しては以前、「飲食店でのクレジットカード決済の導入はメリットでしかない」「イケダハヤトを完全論破 クレジットカードは便利です」でも書きましたが、結局のところ、お店と顧客のWin-Winな関係にしかなり得ないのです。「クレカ決済だと手数料が発生するじゃないか!」という点にしか着眼出来ないで思考停止している経営者が運営している飲食店は、今後フィンテック全盛期が到来するとともに自然淘汰されて消えていきます。

いつまで現金で払ってんだかw

現金払いのデメリットの最大点が機会損失だとすると、次いで大きいデメリットは囲い込みが出来ないことですね。囲い込みを例えるならイオンカードやセブンカード、ファミマTカード等の独自クレジットカード発行をすることです。これをすると「イオンカードで5%OFFだからイトーヨカドーではなく、ジャスコに行こう」という発想が顧客に生まれます。現金払いだとその概念が一切発生しません。なのでジャスコでもイトーヨカドーでも究極的に言うと安けりゃ良い、的な顧客の思想が根源で売上が左右されることになります。結局のところ安さに主眼を置くのか、それとも顧客を囲ってキープするのかで企業の成熟度が変わります

この記事を見ている飲食店経営者の方はどうします?

もう既にクレジットカード決済を導入されている飲食店経営者の方は、柔軟な考えを持っているので今後もフィンテック対応は大丈夫かと思います。一方、クレジットカード決済を導入していない飲食店経営者の方で、「目先の手数料が嫌だ」「よく分かんないから」「運用が面倒だから」と考えているのであれば、それは相当危機感を持たれたほうが良いでしょう。どうするんですか?現金払いのスキームが今後確実に細る中、これから先もまだ現金払いのみを続けるおつもり?

 

 


関連記事




友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

 

You may also like...

2件のフィードバック

  1. ta_sk_ より:

    カード使える、使えないは大きいです。
    私はココイチが好きなんですけど、やっぱり現金しか使えず、なかなか足が重かったです。(生活の9割はクレジットで済ませてます。)
    ですが、最近やっとカードが使えるようになってからは週一で行ってます!←

    あとは小銭ジャラジャラするの嫌いっていうのもありますけどね!

    • rotala より:

      カード使えるかどうかはデカイですよ。
      例えば忘年会の幹事をしてたらカード使えない飲食店は眼中から外れますよね。
      私も小銭をチャラチャラが大っ嫌いですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です