→ デルタアメックスゴールドの詳細はこちら
  → アメックス ゴールド・カードの詳細はこちら
  → セゾンプラチナアメックスの詳細はこちら
  → ダイナースクラブカードの詳細はこちら
  → spgアメックスの詳細はこちら

マニアが書く決定版!エポスプラチナカードを他社プラチナと比較した結果…

友だち追加 ←管理人と公式LINE出来ます
LINEで送る
Pocket

EPOS_PlatinumCard_main

エポスプラチナカードはインビテーション制でゲット出来るエポスカードの最上級カードです

このエポスプラチナカードの凄いところは、年会費20,000円でVISAプラチナが維持できてしまう所。とは言え、本当にこの20,000円に価値が有るのか、他のVISAプラチナカードと比較して検証します。





VPCCが使える

まずVISAプラチナカードで必須サービスとして、VISAプラチナコンシェルセンター(VPCC)が利用できるかという点を確認します。当然ですがエポスプラチナカードはVISAプラチナなのでVPCCが使えます。独立系コンシェルジュではなくてVPCC利用可です。これ凄いですよね。20,000円以下の年会費でVPCCが利用可能なVISAプラチナカードはエポスプラチナ以外存在しません

トラベル系ベネフィットは?

プラチナ以上のカードになると、旅行系のサービスが山盛りで追加されることが一般的です。エポスプラチナはいかがなものか調べました。エポスプラチナでは、プライオリティ・パス(プレステージ)が無料、そして(比較的強めの)海外旅行保険が自動付帯、ホテル割引サービスが付帯されています。AMEXプラチナの様に使い切れないほどのベネフィットが盛られて年会費が高いというようなパターンのカードではないので、スマートにプラチナを楽しみたい旅人にはちょうど良さそうです。

 

EPOS_Platinum_insurance

 

エンターテイメント系はいかが

レストラン系のサービスも適度に付帯されていて20,000円の年会費にちょうどいい感じです。エポスプラチナカードでは最近のプラチナ級カードには高確率で付帯されている2名利用で1名分の食事代が無料になる系のサービス、グルメクーポンも利用可能です

申込みプラチナカードとの比較

エポスプラチナはインビテーション制です。エポスゴールドカードユーザーから優良会員だけを招待していますが、一方で他社では申込制のVISAプラチナカードも存在するのは事実。私も使っている三井住友トラストクラブのSuMi TRUSTプラチナカードと比較してみましょうか。SuMi TRUSTプラチナカードの年会費は35,000円で比較的安めにプラチナが付いているVISAカードです。エポスプラチナカードとの年会費の差は15,000円。その差をどこまで発揮できるかがエポスプラチナの勝負どころです。

comparison_sumi_and_epos_platinum

 

エポスプラチナのメリット

・海外旅行保険が自動付帯

エポスプラチナは 海外旅行保険が自動付帯なのが嬉しいですね。海外旅行に行く時は何もしなくてもそこそこ良いレベルの海外旅行保険が自動で付帯されます。旅行商品や交通機関の代金をエポスプラチナカードで決済する必要がありません。SuMi TRUSTプラチナカードはもう少し強めの海外旅行保険が付帯されますが、こちらは利用付帯です

・年会費が圧倒的に安い

VISAプラチナカードを持とうとすると、最低でもSuMi TRUSTプラチナカードの年会費35,000円からです。レクサスカードと言う年会費20,000円で同値のカードが存在するのですが、大変高いレクサスを買ったオーナーだけが持てるカードなので今回は対象外ですw それに比べてインビテーション制ではあるものの、エポスプラチナカードは20,000円という年会費でVISAプラチナカードが維持できる点が魅力です

・高額な枠が設定されることも

エポスプラチナでは利用を続けることで、1000万円程度まで利用可能額が上がるとの情報があります。プラチナ級のカードとしてはもう十分過ぎる高額な枠です。上手く使えばコレ一枚で全ての決済トランザクションをカバーできるかも。

エポスプラチナのデメリット

・プロテクションが無い!

これはイケてない。プラチナ級のカードには大抵付帯されている、ショッピングプロテクションやキャンセルプロテクションがエポスプラチナには全く無いんです!エポスプラチナで買った商品が壊れたりしても何のカバーもありません。SuMi TRUSTプラチナカードはもちろんAMEXグリーンですら、プロテクション類が豊富な点を考えると、ショボいと言わざるを得ません。

・家族カードが発行できない

ちょっと驚いたんですが、エポスプラチナカードには家族カードの設定がありません。有料とかそういうのではなく、そもそも家族カードが発行できないんです。SuMi TRUSTプラチナカードが家族カード1枚発行無料なことを考えると雲泥の差です。この辺は安さ故のサービスのチープさが出ていますよね。

・独自性、独創性のあるサービスが無い

だいたいどこのイシュアーもプラチナカードは 最上位もしくは最上位に近いカードとして、ユニークなサービスやベネフィットを用意していることが多いでよね。例えばAMEXプラチナならFHRJCBザ・クラスならメンバーズセレクションやディズニー系特典など。そのカードのしか無い特典が設定されていることが一般的です。が、エポスプラチナカードは至って標準的なサービス(どのイシュアーにも存在するもの)しかありません。それはそれ以上のモノを欲しているユーザーにとってメリットがある存在ではないかも知れません。

結論

「エポスプラチナカードはいらないw」

もしエポスプラチナのインビ目的に決済実績を積み重ねているならば、その一部のお金でさっさと申込制であるSuMi TRUSTプラチナカードを取得するほうが得策です。年会費の差は所詮15,000円でしか無いですし、SuMi TRUSTプラチナカードもVISAプラチナカードとして君臨する上級カードです。良いべネフィットはベ早く使うほうが総じてお得ですからね。

 

 


関連記事




友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です