27歳から入会可能のダイナースクラブカードは、どんな職種だと審査通過出来るのか?

友だち追加 
    None Found
Pocket
LINEで送る

how_to_get_dinsers_club_card_27_old

ダイナースクラブカードは27歳から入会できます

これは通常の絶対条件であり26歳以下はウェブ申込みからでは審査で否決となります。

では晴れて27歳を迎えダイナースクラブカードに申込みを行う時、どのような職種だと審査可決で通過しやすいのでしょうか?




士業、経営者、個人事業主が強い

ダイナースクラブカードは資格を持った個人、また経営者をメインにターゲティングしています。ダイナースが大好きな人物であればあるほど審査に対して好材料です。

ダイナースは「高ステータス」を自ら謳っています。つまり高ステータスな士業系資格持ち、また経営者はそもそもサラリーマンより高ステータスと判断されやすいので有利と言えるでしょう。

 

どんな資格が強いのか?

審査は完全ブラックボックスです。全く見えないので予想するしかありませんがダイナースが資格に優劣を付けるならば、次のような順番で強弱が付いているのでは、と想像できます。

資格取得難易度 > 資格が作る基本年収の多さ >= 需給による資格の価値

全てイコールで結べる要素なので、本人のその他属性で大いに審査材料としての参考基準は変化すると考えるべき、と考えておいたほうが良いでしょう。

 

具体的にどんな資格?

要するにダイナースクラブカードの審査に強い資格とは、「医師」「弁護士」「中企業経営者」「スポーツ選手」等です。

経営者とスポーツ選手等は資格ではないですが、そのポジションでしっかりと稼げている事実は高ステータスな資格持ちと同じという判断ということでしょうか。

 

個人事業主も押してくる

ダイナースクラブカードは個人事業主に対してもフレンドリーな審査をしてくれます。かく言う私も27歳に成り立ての頃、個人事業主としてANAダイナース(平)の審査を一発で通過しています。

ダイナース的には個人事業主はいずれ法人成りする可能性が強く、早めにメインカードとして囲い込み出来たらその後強いという判断なのかも知れませんね。

 

サラリーマンは?

ダイナースクラブカードの審査はもちろんサラリーマンでも門戸は開かれています。

10年以上前のダイナースと異なり、現代のダイナースクラブカードはサラリーマンにもそれなりにフレンドリーです。とは言え、ダイナースが好いてくれるサラリーマンは年収500〜700万円辺りからが最低スコアで、そこに役職が付いていたほうが良いでしょう。

 

やはりダイナースクラブカードはハイステータスを売りにしている以上、大好きなのはステータスの高い資格持ちと経営者層なんでしょうね!

 

 

 


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です