AMEX ウェブ利用可能額の確認機能の注意点、電話での事前承認と同義に!

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

amex_my_account_apply_limit_how_to_use

AMEXのマイ・アカウントに「利用可能額の確認」機能がリリースされました。

この利用可能額の確認は限度額の確認機能では無く、本当の意味での事前承認スキームであることが判明しました。

利用可能額の確認機能で、利用上気をつける点をまとめました。




え?どういう事?

AMEXマイ・アカウントの「利用可能額の確認」機能はリリースされてからと言うもの、AMEXでの限度額確認機能として利用している方が多いようです。私もそうでした。しかし明確に他社で言う「カード限度額」ではない事実が判明しました。AMEX利用可能額の確認機能は「ウェブ事前承認機能」です。つまりこれは、今まで電話で行っていた事前承認をウェブで行うために開発されたツールなのです

以前の記事→AMEXマイアカウントから利用可能額の確認機能が登場!ウェブから気軽に限度額確認が可能になった

 

目安額の確認には使えない

私の場合、ウェブ利用可能額の確認機能でリリース初期に最高額を確認した時点で230万円辺りがOKの上限地点でした。翌週に確認したところ、驚くことにOKの上限が130万円まで下落していました。特にAMEXとの取引上で問題が発生していたわけではなく、流石にこんな急落するのは変だと思い本件をデスクに確認しました。

すると、、

(あらかじめ230万円OKの後に130万円が上限になっていた件を話して…)

太田「ウェブ利用可能額の確認ってつまり限度額の確認的な意味合いですか?」

AMEXデスク「これは事前承認と同じ機能なので、230万円の枠をお取りした後の次の枠としてですので今回は130万円を出ている模様です」

・・・これ上限が下がるのも当然ですねww このデスクの回答には凄くシックリ来ました。

 

枠確認として連打しないほうがいいかも

利用可能額の確認機能を見て「自分の最高与信枠はどのくらいなのかな?」という気持ちになるのはよ〜くわかります。ただ、この機能は電話事前承認と同じ意味になるので、仮に500万円OKと表示されたら向こう1ヶ月間での500万円事前承認が下りたと同義となります。つまりそれ以上に使いたい場合にウェブ上から何度も承認を取ることが難しくなる可能性があります(もちろんデスクに電話して事情を説明すれば問題ないでしょう)。

 

 

 

私も230万円から130万円程度まで暴落したAMEX利用可能額の確認は、実はそのまま事前承認を行っていたと言うオチでした!

マイアカウントの機能は上手いこと活用しましょー

 

 

 


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です