AMEX 目安額が上がる単純な法則、その考え方は至ってシンプル

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

amex_gold_like_pretty_photo_01

アメリカン・エキスプレスでは、一律の限度額は存在しません。その代わり各会員ごとに個別の利用目安額が設定されています。

この目安額(目安枠)を上げる方法って存在するんでしょうか?




目安額が上がらないですか?

私は半年に一回くらい目安額を確認しています。これはどうしてかと言うと目安額が信頼度・頻度指数であると考えているからです。なので半年前と利用目安額が変化しないと少し不安になりますよねw 上がったり下がったり、変わらずだったり。そんな事を繰り返す内に、割とシンプルな法則に気づきました。

 

目安額が上がる法則

AMEXの目安額が変化する法則、それは単純。『カードを使うボリューム』です。私が確認するまでの約半年間でどれだけのボリュームを利用していたかでそのタイミングの目安額が動きます。

つまり、こういうこと。

・直近約半年の間に、その前の半年で決済したボリュームを大幅に超えている = 目安額増

・直近約半年の間に、その前の半年で決済したボリュームをだいぶ下回っている = 目安額減

・直近約半年の間と、その前の半年で決済したボリュームがだいたい同じくらい = 目安額変わらず

 

変化する理由

では、なぜ半年程度の使用歴を見て目安額が変化するのか?それもまた単純。『使う人には枠を渡し、使わない人には枠を渡さない』、これだけです。

使わない人にに枠を渡したとして、会員が想定外に使った場合に債権未回収リスクが高まります。また100%に近い確率で使わない枠を渡し、万が一にも不正利用が発生した場合、そのコストはカード会社が背負う事になります。

つまり、使わない枠を渡しておくメリットは何一つないのです。

 

枠が欲しけりゃ言えばいい

もしこれが在り来りな日系カードだった場合は基本的には一律の限度額の中で決済を済まさなくてはなりません。一方、AMEXでは事前承認制度や一時的な増枠などシーンに合わせて柔軟な与信を割り振ってくれます

そうこうしている内にAMEXは「あ、この人は思ったよりも使う人だ」と自動で気づき、目安額を上げてくれます。要するに枠が欲しければ端的にAMEX側にリクエストすれば良いんです

 

 

もし、あなたのアメリカン・エキスプレスの目安額が低くても何も心配はいりません。

目安額を上げる方法は、持っているカードをドンドン使うことです。そのために事前承認等の制度をしっかりと活用しましょう。

 

 


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

4件のフィードバック

  1. あいあい より:

    事前承認制度や一時増枠はアメックスだけでなく、どのカード会社にも存在しますよ!

    • 太田 伊央 より:

      もちろん存じてますよ〜
      私もJCBでそれらの機能は使いましたが、アメックスの方がシステム的に秀逸でした。

  2. あいあい より:

    では、
    日系カードだった場合は基本的には一律の限度額の中で決済を済まさなくてはなりません。
    という表現は間違いですか??

    • 太田 伊央 より:

      完全に正しい表現ではないかもしれないですが、完全なる間違いでも無いと考えています。
      この件、私も記事を投稿する時にちょっと気にはなってたんですが、
      「限度額の中で済ます」=「基本的には」なので大間違いではないかと思ってそのまま公開しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です