本格的比較 AMEXプラチナとダイナースプレミアム、コンシェルジュが全然違う

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

amex_platinum_diners_premium_pre_diff

私はAMEXプラチナ・カードを2013年に、ダイナースプレミアムカードを2016年に取得しています

AMEXプラチナの方はだいぶ使い込んでいますが、ダイナースプレミアムの全容はまだ見えていませんでした。

最近、比較できる経験をしたので今回はそれらの予告編と言う感じです。




何の比較?

今回から始める筆者太田が一方的に行う厳格な比較は、コンシェルジュの性能がメインです。クレジット機能や券面、ベネフィットはちょっと一旦横に置いての比較です。どちらも分厚いベネフィットが盛られていますが、それらを使うかどうかも対人コミュニケーションであるコンシェルジュがあってこそ。一番大切なものを比較します

 

優秀なダイナースプレミアム

ダイナースプレミアムのコンシェルジュを使い始めて思ったんですが、これ、かなり融通が効きます。「こんな事相談してもムリだよね・・」みたいな案件をとりあえず引き受けてくれます。一度引き受けて噛み砕いてから対応可否の回答があります。AMEXに比べるとお硬いコンシェルジュの口調ですが、これは相談するに連れ安心感に変わります。

 

あれ?AMEX・・?

一方のAMEXですが、最近相談する案件でマニュアル的に「NO」の返答になることが多く感じます。私の投げる案件が難しくなったというよりも、対応するコンシェルジェのスキル次第で対応できる範囲が都度変わっている気がしてなりません。超エリートコンシェルジェもいれば、全然そうじゃないコンシェルジェも存在する事が最近のAMEXの実情じゃないでしょうか?

 

「NO」と言わない、の勢力が変わった

AMEXフリークの私としては最近のAMEXがどんどん「NO」を言う感じに関して、ちょっと引っかかると言うか、残念というか。これはAMEXのデスクリソース強化や増員による、全体的なオペレーションクオリティ低下なのでは?と想像しています。現時点で掴んでいる感覚は、完全にダイナースプレミアムコンシェルジュの方が「NO」を言いません。

 

てなわけで、AMEXプラチナとダイナースプレミアムの絶対的比較を出来る経験をいくつかしました。

今回の記事はそれらの予告編です。具体的事例は今後の記事をお楽しみに!

 


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です