→ セゾンプラチナアメックスの詳細はこちら
  → デルタアメックスゴールドの詳細はこちら
  → ダイナースクラブカードの詳細はこちら
  → spgアメックスの詳細はこちら
  → アメックス ゴールド・カードの詳細はこちら

ホテルアップグレードにクレジットカードの種別なんて関係ないという根拠

友だち追加 ←管理人と公式LINE出来ます
LINEで送る
Pocket

428632_396739563675524_773695432_n-2

数年前にバリ島へ家族と旅行に行きました。

宿泊先はザ・リッツ・カールトン・バリ、現在のアヤナリゾートです。

6泊して最後の1泊だけ記念にヴィラタイプの部屋(5泊は一般タイプのクラブルーム)に泊まるプランを日本で予約しました。

当時20代が始まったばかりの私は、アメックスなどのステータスカードカードに興味もないし、存在も知りませんでした。

 

リッツ・カールトン・バリに到着し、クラブルームでチェックインを行った際に、恐らく人生の最初で最後の「スーパーアップグレード」が発生しました。

なんと全ての宿泊が一番グレードの高いヴィラタイプの部屋に変わったのです。

 

404879_396738227008991_1079768855_n

 

経緯はこんな感じです。

スタッフ:「デポジットにクレジットカードをご提示いただけますか」

私:VIEW Suicaカード(VISA)を提示

スタッフ:「オー、これはエンボスではないのでデポジットに使えません」

※VIEW Suicaカードが使えない理由は、インプリンターを使用していたからです。

私:「へー、エンボスが無いと使えないんだー」と思いつつ、

当時のイーバンク銀行のキャッシュカード搭載型のVISAカードを提示しました。

スタッフ:「おめでとうございます!全ての部屋がオーシャンビュークリフヴィラになりました!」

 

私は、最後の1泊で予約しているヴィラがアップグレードされたのだと思いましたが、なんと全部の宿泊が最上級のオーシャンビュークリフヴィラにアップグレードされていることに気が付き、驚愕しました。

 

それはそれは、素晴らしいバリ旅行となりました。

 

 

と、お分かりいただけたかと思いますが、全くステータスカードなど持っていなくてもアップグレードされます。

ホテル側がアップグレードしたいと思う人に対しては、カードなんて関係なくアップグレードされるのです。

私の場合は、

  • 20代前半と若く、家族を引き連れての旅行

→ これは将来的な見込み客になりそう。

  • クラブルーム宿泊で、最後の1泊だけヴィラ

→ それなりにホテルにお金を落としてくれそうで、最後の1泊がヴィラで移動が発生するくらいなら全部ヴィラにしてあげよう。

  • ステータスカードを持っていない

→ ※逆説論ですが、ステータスカードを持っていないということは、旅慣れていないお客ということで、リッツ・カールトンとしてはアップグレード体験をさせて顧客を囲い込みたい心理があったのかも。

 

つまり、リッツ・カールトン級のホテルではカードの種別でアップグレードの判断がされるわけではないんですね。

要は「ホテルがアップグレードしたい顧客か」が重要です。

 

これはホテルのFSP上級会員が頻繁にアップグレードされるのに近い理由を感じます。

自分たちのホテルの上級会員は当然、アップグレードしたい顧客なのでアップグレードされます。

プラチナカードやブラックカードでアップグレードされた、と言う例は、あくまでもカードを見たホテルスタッフがアップグレードしたいと思った一例に過ぎません。

 

それらを踏まえて、あえて自分からアップグレードしたい顧客になることでアップグレードの頻度を上げることが出来るかもしれません。

例えば、

  • できるだけレートの高い、クラブルーム等を予約する
  • 連泊の場合は最後の一泊だけ、スイートルームを予約する
  • ホテルの上級会員になる
  • 試しに非ステータスカードを出して、旅慣れていない風を出してみる

などです。

 

アップグレードのテクニックは色々な例を目にしますが、ホテルスタッフも人間なので、最終的には自分自身がこのアップグレードしたい顧客になるということが一番だと思います。

 

 

 

気になる方はクリック!
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です