AMEXプラチナ付帯のspgゴールド じゃらんnetの利用時に実績は付与されるのか?

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

じゃらんnetでシェラトン都ホテル大阪に滞在した際に、フルパワーではないがAMEXプラチナに付帯されているspgゴールドのベネフィットが利用できた、という件を以前の記事でお伝えしました。

以前の記事→spgゴールド、シェラトン都ホテル大阪ではじゃらん予約でも利用出来た!

ブログ読者の方から「これって宿泊実績にはなったの?」と聞かれたので確認してみました




実績にならない

結論から言うと、宿泊実績になっていませんでした。私は全く期待していなかったspgゴールドベネフィットが少しだけ利用出来て十分に満足していたので、実績なんて全く確認していませんでした。今回の質問を受け、そう言えば・・・と思いつつspgのウェブサイトから確認してみると、やはり実績はゼロのまま。シェラトン都ホテル大阪は、じゃらんnetからの予約では実績は付与されていませんでした

 → ヒルトン系列の最新レートを確認する

 → インターコンチネンタルホテル系列の最安レートを確認する

 

基本的に公式予約のみ実績になる

宿泊実績になる滞在は、原則として「公式からの予約」のみです。公式、とはspg公式サイト・リザベーションセンターからの予約や正規代理店からの予約が含まれます。曖昧な感じですが、正規代理店にじゃらんnetや一休、楽天トラベル等は含まれません。また格安予約サイトのBooking.comやExpediaなんかも正規代理店に含まれないです。

・宿泊実績対象の予約

→ spg公式サイト、spgリザベーションセンター、AMEXデスク(外部旅行代理店パックは含まずかも)など

・宿泊実績対象外の予約

→ じゃらんnet、一休、楽天トラベル、Booking.com、Agoda、Expediaなど

 → ラグジュアリーホテルは一休.comで
 
 → じゃらんnetはこちらから

 

なんで値段が同じなのに差があるの?

ではなぜ、ホテル格安予約サイトやじゃらんnetなどで宿泊実績が加算されないのか?これは気になりますよね。
答えはこれら予約サイト等にspgが部屋の予約枠を卸売しているからです。卸売をしているということは、spgは末端サイトに「末端サイトの売値より安く予約枠を卸している」ことを意味します。安値で卸すには、付帯のポイントや宿泊実績、ゴールドベネフィットなどを除外しなくては利益になりません。

 

ホテルは空室が一番リスク

部屋の卸売は、ホテルの大敵である空室リスクを下げる最大のメリットがあります。仮に末端サイトで売れ残りがあったとしても、卸しの部屋予約枠が格安サイトに買われた時点でホテル側の利益は確保されています。なのでベネフィット排除してでも、空室になる可能性のある部屋は先にまとめて卸してしまった方がホテルとしては得策になるって事ですね。

とは言っても、我々ユーザーが最終的に支払う実際の値段は、公式サイトも格安サイトも大きな差はありません。私が利用したANAフライト + 宿泊の様な異様にオトクになるような例を除いた場合、大体は公式サイトで予約することが吉になることでしょう。

 → 私はいつもヒルトン系列をここで予約してます

 → インターコンチネンタル系はこちらで予約してますよ

 

 

これは例えば、ヒルトンもリッツカールトンもシャングリ・ラであっても同じ事です。ですので、まずホテル予約をする際は、最もお得になりやすい公式サイトのレートから確認してみましょう!

 

 


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です