→ アメックス ゴールド・カードの詳細はこちら
  → デルタアメックスゴールドの詳細はこちら
  → spgアメックスの詳細はこちら
  → セゾンプラチナアメックスの詳細はこちら
  → ダイナースクラブカードの詳細はこちら

ダイナースプレミアムカードを持つと無条件で一休ダイヤモンド会員になれる

友だち追加 ←管理人と公式LINE出来ます
LINEで送る
Pocket

ダイナースプレミアムカードユーザーは、ホテルレストラン予約サイトの「一休」でのステータスを無条件で最上級ダイヤモンド会員に昇格することが出来ます

AMEXプラチナと違い、ダイナースプレミアムは自社のトラベルサービス強化と併せて、社外トラベルサービスへの付加価値を付け差別化しているみたいですね。

私も一休インスタントダイヤモンド会員になってみたので、紹介します。





一休ダイヤモンド会員とは?

一休.comでは、一休サイト内での予約サービス利用額に応じて会員ランクが付与されます。平会員であるレギュラーから始まり、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドとランクは上がっていきます。ゴールド以上からはプレミアムサービスとして、ホテル・レストラン予約のプライベートセールなどが利用出来るようになります。

一休.com会員ランク(直近6ヶ月以内の一休利用額)

・レギュラー  ( 0円〜5万円未満)

・ゴールド    (5万円〜10万円未満)

・プラチナ       (10万円〜30万円未満)

・ダイヤモンド  (30万円以上)

 

ダイヤモンドは難易度高め?

要するに一休を半年以内に30万円以上利用すればダイヤモンド会員になることが出来ます。ぱっと見、意外と簡単?とも思いましたが、リッツカールトン東京で換算すると、これは一般的な部屋(一泊5万円と仮定)で半年以内に6回は利用しないとダイヤモンドがゲット出来ないと言う事です。

リッツカールトン東京を一ヶ月に1回利用するのは一般人的な利用方法ではないですし、当然ですがより安いビジネスホテルだともっと沢山の利用歴が必要になりますからね。一休ダイヤも意外とムズいわけです

 

ダイナースプレミアムでゲット

そんな状況の中、ダイナースプレミアムカードにはベネフィットとして一休ダイヤモンド会員ステータス付与サービスが存在します。ダイナースプレミアムカードを持っているだけで、一休サイト内での利用歴がゼロであっても無条件でダイヤモンド会員になることが出来ます。

一休は予約サイトでありながら、感覚的にはAMEX FHRの様にな会員制ホテルクラブ的な側面もあるので、これはダイナースは良いベネフィットを付けたと思いますよ。

 

 

ダイヤモンドの作り方は?

ダイナースプレミアムカードで一休ダイヤモンド会員になる方法は簡単。

ダイナースクラブ クラブ・オンラインから、ダイナースプレミアムカード会員専用ページへ行き「優待サービス」タブから「トラベル」、「メンバーシップ特典」の一休.com優待を選択して画面の支持通りに作業すれば、1分ほどでダイヤモンド会員が作れます。

 

比較しますよ!

一休もダイヤモンド会員まで上り詰めるとかなりユニークなベネフィットが利用出来るんです。AMEXのFHR(ファインホテルアンドリゾート)やダイナースプレミアムのトラベル優待と比較した場合、一休.com平会員だと太刀打ち出来ませんが、これがダイヤモンド会員となると事情が変わる事が予想できます。

コレばっかりは比較しないと要点が見えてきません。ってことで今後、一休ダイヤモンド vs AMEX FHR & ダイナースプレミアムをお送りします!

 

 

一休ダイヤモンド会員は地味に難易度高いですよね。

圧倒的に優位なFHR等の優待が使えていれば、むしろダイヤモンド到達するほど一休も利用しないか、、って感じなので無条件ダイヤとは一休もダイナースも上手い戦略だと思いました。

 

 


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です