ラグジュアリーカード ゴールドカードは招待制。インビテーションを獲得する方法とは?

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

2016年末に金属製カードで突如に登場したラグジュアリーカード(Luxury Card)は、日本のステータスカード市場に爆風を作りました。

ラグジュアリーカードは券面が3種類あります。チタン、ブラック、そしてゴールド。チタンからゴールドに向かって年会費とベネフィットが上昇します。

ゴールドカードだけは招待制(インビテーション制)となっており、ウェブから申し込みする事が出来ません。どうやってインビテーションをゲットするんでしょうか?




マスターの最上級の更に最上位

ラグジュアリーカードはマスターカードブランド最上位である「マスターワールドエリート」が付いています。ラグジュアリーカードが日本で発行開始するまではポルシェカードやSBIワールドマスターカードなどの「ワールドマスターカード」が日本最上級のマスターカードでした。

巷では「ポルシェカードは色はグレーだがブラックカードだ」などと言われていましたが、2016年のラグジュアリーカード日本上陸で事実上マスターカードのブラックカードはラグジュアリーカードシリーズとなりました。

ラグジュアリーカードのゴールドカードは、そのラグジュアリー3券種の中で最も位の高いカードです

→AMEXビジネス・カードを確認する

 

ゴールドはセンチュリオン・カード級?

ブラックカードと言えば、AMEXセンチュリオン・カードです。これは名実ともにブラックカードですが、入手は極めて困難。多大な金額を決済すれば手に入る、とかそう言った類のカードではありません。このセンチュリオン・カードの年会費は36万円(税別)で、しかもそれより高い入会金が必要との噂も。

ラグジュアリーカードのゴールドカードは、年会費20万円(税別)。金額ではセンチュリオン・カードには及びませんが、AMEXプラチナ・カードやダイナースプレミアムカードの年会費13.6万円(税別)を抑えて、センチュリオン・カードに次いで実質日本で2番目に年会費の高いカードという事になる訳です

という事は、伝統やベネフィット云々は一旦置いておくとすると、ラグジュアリーゴールドは日本のステータスカードランキングでは2番手と考えても間違いではないす。

 → 私はいつもヒルトン系列をここで予約してます

 → インターコンチネンタル系はこちらで予約してますよ

 

ゴールドの入手方法は?

ラグジュアリーカードのゴールドカードは、ウェブからは申し込みはできません。ラグジュアリーのブラックカード利用者の中から選ばれた人のみに招待状が送られる、インビテーション制を設定されたカードです

チタンカードは年会費5万円(税別)ですが、このカードを使っていてもゴールドカードのインビテーション対象にはどうやら入らないようです。松・竹・梅の「竹」であるラグジュアリーブラックカードをひたすら使い倒すしかなければなりません。それはまるでAMEXのようなステータス制度だという印象を感じます。

・アメリカン・エキスプレスのステータス制度

グリーン(申込可) → ゴールド(申込可) → プラチナ(インビ制) → センチュリオン(超インビ制)

・ラグジュアリーカードのステータス制度

チタンカード(申込可) → ブラックカード(申込可) → ゴールドカード(インビ制)

 AMEXゴールドもすごく気になる

ゴールドカードの場合、申し込みボタンの意味は無い

 

本当にインビ制?

そこで私はちょっと疑ったわけですw

『本当にゴールドカードはインビテーション制なの?』と。

この件をラグジュアリーカードのデスクに確認したところ、以下のような回答が得られました。

ラグジュアリーデスク「確かにチタンカードユーザーからの招待制ではあるが、ボート展示会などのイベントなどでゴールドカードの申込書をお配りしたケースが過去にありました。」

ビックリ!と同時に予想通りでニヤリ。どうやらラグジュアリーカードのゴールドカードは完全なるインビテーション制という訳ではないようです。

 

なぜ申込可能を疑ったか

それはAMEXプラチナとセンチュリオンの違いに似ていて、本当に申し込み不可な自社ブランドプロダクトは、一般の目に公然と開示されないです。センチュリオン・カードはアメリカン・エキスプレスの一般向けウェブサイトのどこにも、文言も画像もサービス名すら表示されていませんよね。

ラグジュアリーカードの公式ウェブサイトにゴールドカードが堂々と掲載されている辺りからして、コネやツテや機会があればラグジュアリーカードのゴールドカードは申込可能と言えそうです。

ダイナースクラブカードは極めてステータスが高い

 

ラグジュアリーカードは純金メッキですからね!ある意味真っ黒いカードよりも本当に高級な金属製カードと言えるでしょう。

ただし本当に高級ブランドと言うものは、一瞬の「時」で出来上がらないことはこのブログの過去の記事で語りまくっていますね。

とは言え、ラグジュアリーカードのゴールド欲しいな・・・w


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

2件のフィードバック

  1. 穂積 より:

    ゴールド気になりますよね。純金メッキは魅力です。ただ、ベネフィットが物足りない気がします。アメプラやダイプレの方が充実してるのに、年会費はラグジュアリーゴールドの方がはるかに高い。ブラックはゴールド目指す場合に申込む感じかなぁって印象で、それならチタニウムで充分かなと思っちゃいました。

    • 太田 伊央 より:

      ラグジュアリーのベネフィットはAMEXプラチナ、ダイプレに圧倒的に勝利!という感じはちょっと感じませんね。
      券面は興味深いですが、ラグゴールドとAMEXプラチナを値段とベネフィットで比較すると・・・おっと、って感じですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です