AMEX 入会して良かった点まとめ。メリットを知れば入会する意味がわかる。

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

2012年にアメリカン・エキスプレスのカードに入会してから、この記事を書いている2017年で5年が経過しました。

5年間と言えばまだまだ歴は浅いですが、それなりに使いこなしている私が書く「AMEXを持って良かった点」をご覧ください

メリットを知っているのと、そうでないのではAMEXに対する物の見方に変化が生まれます。




安心を買っている

券面や持っていることの価値観より先に、アメリカン・エキスプレスのカードその物に付帯する存在価値の有り難みについてお話します。

海外旅行に行く際には、切っても切れない心配事ってありますよね。

『海外でトラブルに巻き込まれたらどうしよう』『病気や怪我になったら?』『忘れ物したらどうするか』…

挙げればキリがないですが、こんな悩みを忘れさせてくれるのがアメリカン・エキスプレスのカードの価値です。

  → アメックスゴールドの詳細はこちら

 

 

デリーの町中でも安心は常に財布の中に

 

具体的に安心とは

私は海外へ出国する際に海外旅行保険を別途付けることはありません。なぜならAMEXプラチナ・カードに相当強化された海外旅行保険が自動付帯されているからです。怪我や病気は何も心配不要で出国可能です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードやグリーンでも、実質的海外コンシェルジュサービスとして24時間365日対応の「オーバーシーズ・アシスト」「グローバル・ホットライン」が付帯しています。

海外現地でパスポートを紛失してしまったら、、、と言う絶望的な状況下においても、AMEX海外デスクは強力にサポートしてくれるでしょう。

アメックスゴールドを持てば安心して海外旅行へ

 

オーバーシーズ・アシスト、は強い

AMEXに入会してカードが到着した際、小さな保険系リーフレットが封筒に同封されていました。しっかりと読み解くと、AMEXゴールドに付帯されているオーバーシーズ・アシストに具体的にどのような「安心」が付帯されているか、理解できます。

(グリーン付帯のグローバル・ホットラインには以下のサービスは付帯無し)

オーバーシーズ・アシストにはこんなサービスが付帯

・医療系

   – 24時間で医療相談受付

   – 現地の病院、クリニック紹介

   – 5,000USDまで医療費建て替えサービス

   – 現地言語での医療通訳(言語は限定されるかも)

   – 日本の家族へ連絡、緊急搬送帰国手続き

・法律系

   – 交通事故等で止む無く現地司法当局に拘束された場合、1,000USDまでを限度に保釈金を建て替え

   – 弁護士費用として1,000USDまでを限度に建て替え

怪我や病気になって苦しんでいる時、はたまた謂れのない事件に巻き込まれて困り果てた時、AMEXオーバーシーズ・アシストはスーパーマンの如く会員を助けてくれるはずです。現地の言葉が英語であっても未知の言語でも、です。

AMEXゴールドで、オーバーシーズ・アシストを手に入れる

 

バンコクでも最終的には安心は買う必要がある

 

例えば実際に、私が行き慣れているタイ・バンコクだったとしても急病の場合(急性食中毒や転んで骨折したとかは有り得る)、直ちに信頼できる病院を見つけることは困難です。

病気になったのが安心ブランドの「グランドハイアット エラワン」だった場合、ホテルスタッフに助けを求めればいいですが、それがもし出先なら?

こんな状況でも電話一本で安心が買えるなら、AMEXゴールド・カードの年会費29,000円など安いものです

  → アメックスゴールドの詳細はこちら

 

アップグレードは海外で発生

AMEXゴールドからプラチナ・カードに昇格した後、インド旅行に行きました。AMEXプラチナ・カード付帯のクラブカールソンゴールドエリートを使った「ラディソンブル ジャイプール」の滞在は優雅なものでした

1泊9,000円程度の安いホテルなんですが、なんせカールソンゴールド会員なのでジュニアスイートに勝手にアップグレードされました

この場合、正しく言えば「AMEXプラチナを見てアップグレード」ではなく、「AMEXプラチナを持って取得した系列ホテル上級会員だから」アップグレードされた、ですね。とは言え実質AMEXだからアップグレードされたと言っても過言ではないです。

こういったステータスありきのアップグレードは、圧倒的に国内より海外の方が発生しやすいです。特に物価の安い国ではこれが顕著。

  → spgアメックスの詳細はこちら

 

 

ラディソンでのアップグレードは良い思い出となった

 

ステータスマッチが楽しめる

私はホテル(FPS)とエアライン(FFP)で両方ともステータスマッチを楽しんでいます

2016年中はヒルトン・オナーズ ダイヤモンドステータスを十分に楽しみました。ヒルトンダイヤはAMEXプラチナに過去付帯していたアコープラチナステータスからのステータスマッチです。

また4年連続スターアライアンスゴールドを実質修行なしで取得し続けているのも、デルタアメックスゴールドを取得して付帯のゴールドメダリオンを元にステータスマッチをしているからです。2017年初頭にはAMEXプラチナ付帯のシャングリ・ラjadeからシンガポール航空ゴールドを獲得しています

旅本来の楽しみや、ステータスコレクター(笑)の楽しみとして、アメリカン・エキスプレスのカードはそれらが両立出来る、本当に価値あるカード達です。

ステータスマッチなら、ゴールドメダリオン付帯のデルタアメックスゴールド

 

チョット上を垣間見る事が出来る

名立たる超高級ホテルを利用してみたり、マイルで無料とは言えビジネスクラスに搭乗したりする時に、いつも思うことがあります。

『ちょっと上を覗くと、更に上を目指したくなる』

高級な雰囲気を味わうと同時に、しょーじきに話して、私にはまだ分不相応な世界だと感じることも多々あります。

こういう時、私自身がこのラグジュアリーな雰囲気を自然体で楽しめるように、そして「ここは上だ」と思わないで利用できるようになろう!と言う、目には見えない目標が設定出来るのです

AMEXを持って、一つ上の世界を見に行こう。

 

マイルでビジネスクラスは最高

 

これが20代前半だったら、遠く及ばない世界を見てしまった… と思うかもしれません。

だからこそ、若うちから少しばかり背伸びをして見えない世界を見るのです。その未知なる上の世界を知っているか知らないかでは、次のやる気もモチベーションも、人生設計もだいぶ変わってくるものです。

アメリカン・エキスプレスのカードはそんな人生の栄養にもなっていたりします。

 

特別が日常になる、とはこういう事

アメリカン・エキスプレスのキャッチフレーズで「その特別が日常になる。」と言うワードがあります。

この記事を上から順にここまで読んでいただいた方は、このなんとも抽象的なワードの具体的な意味がお分かりなんじゃなかと思います。

そう、つまり「特別が日常になる」という事は「上を目指して、ちょっと覗いて見た特別な世界を、普段の世界にしよう」と言う事なんだと私は考えています

 

ちょっと飽きてしまった、コンラッド東京

 

コンラッド東京にはヒルトンダイヤモンド会員だった2016-2017シーズンで泊まりまくりました。

その結果あの高級ホテル コンラッド東京にやって来ても、ほとんど感動しないほど空間に慣れてしまいました。それはいい意味で、自宅感覚でコンラッドが使えるようになった、とも取れますよね。

アメリカン・エキスプレスのカードで感じた特別も、それを続けることで日常になるよ。と言う意味だと考えています。なにしろコンラッド東京の様な事を、私はAMEXと共に数多く経験しています。

アメックスゴールド、申し込もう

 

意外と持ってみないと分からない

この記事を書いていて、私は具体的なことを書いているつもりで、逆に読者の皆様にとっては抽象的な表現になっているのでは、と感じました。

既にAMEXを持って旅をされている方にはこの感覚が理解できるはずです。一方、まだAMEXを持っていない方や取得しようか悩んでいる方は、今ひとつピンと価値やメリットが理解できないかも知れないですよね。

 

そういう時は、悩んでも結局何も分からず終わってしまうので、とりあえずアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを申し込んでみてはどうでしょうか?私もAMEXゴールドは初年度年会費無料キャンペーンで申し込んで、プラチナの今に至るまでそのまま持ち続けています

ちょうど現在も初年度年会費無料キャンペーンを行っているので、1年間は無料でAMEXゴールドが持てます。持って初めて実感する、アメリカン・エキスプレスのカードの価値とメリット。これは、持たない人には見えなく、そしてやってこないメリットですよ

  → アメックスゴールドの詳細はこちら

 

 

アメリカン・エキスプレスのカードからは、この記事には書ききれないほどの機会やサービスでメリットを体感しています。

結局は金銭的な価値にメリットを見出すか、安心や特別な機会にメリットを見出すかで自分としての答えが見つかります。

ちなみに、AMEXプラチナ・カードホルダーの私は金銭的にも安心や機会的にもメリットを見つけていますよ!


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です