LUXUARY CARDの審査に落ちたっぽい。2度目も否決?審査に時間が掛かるのがデフォらしい。

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

Luxury Card(ラグジュアリーカード)のチタンカードを申し込みをしてから12日が経過しました

今回は2016年11月以来の2回目の申し込みです。前回の例では本人確認書類提出からちょうど9日目で否決のペラ紙が到着しました。

今回は2017年5月8日に本人確認書類を提出、それから9日が経過して変化ありません。もしかして・・・

以前の記事→LUXURY CARDを申し込んだ!審査、再トライの記録を付けます。World Elite Mastercardが付きの金属製カード、欲しい!




落ちたかもしれない

ラグジュアリーカードは審査可決の場合「NETstation*APLUS」登録完了のメールが登録のメアドに届きます。本人確認書類提出が完了してから9日が経過した2017年5月17日現在、否決のペラ紙もNETstation登録メールも何も来ていません。

もちろんNETstation登録メールは即到着するので、可決確認は一瞬です。一方、ペラ紙は郵送なので1日に一回しか受け取り確認が出来ません。

さて、どうしたものか・・・

  → アメックスゴールドの詳細はこちら

 

デスクに聞いてみよう

てなわけで、ラグジュアリーカードデスクに審査状況を確認することにしてみました

申し込み済みなので、デスクでは自分の個人情報等を伝えると審査状況を確認するとが出来ます。

ラグジュアリーカードデスクとの会話

おおた『これこれ云々、まだ結果が出るのには時間が掛かりそうですか?』

デスク『確認いたします』

〜 しばし保留 〜

デスク『お待たせいたしました、審査は既に終了していて郵送にて結果をお送りしているところでございます』

おおた『(あっ…!察し)』

おおた『わかりました、ありがとうございます』

本当に察するしか無いですが、この会話から読み取れるのは、ラグジュアリーカードの審査が否決だったことを意味しています。(確定じゃないですけどね)

アメックスゴールドは、ステータスもコスパも良い

 

これはポルシェカード審査通過時の、NETstation登録メール

 

どうして否決って分かるん?

なぜ審査結果を郵送連絡すると伝えられたから否決なのか?それにはちゃんと理由が。

NETstation登録メールは可決の場合に先にメールが送られてくるからです。つまり、現時点でNETstationメールも来ない、そして郵送で結果を送られている状況。これは消去法で考えると否決以外ありませんw

それからこれはAMEXの対応でも有り得る事なのですが、可決の場合は「カードをお届けできる準備をしております」と言った、確信的な文言がデスク担当者の口から出てくることが、往々にしてあります。

  → spgアメックスの詳細はこちら

 

一応文言の比較を作っておこう

デスクの対応からある程度、審査結果を察することが出来ます。AMEXでも同様の事が考えられますので、ちょっと参考までにどうぞ。もちろん、これはあくまでも私が勝手に考えている主観レベルな話なので、その辺は織り込んでくださいね。

この例は「審査結果がなかなか到着しない」ケースです。

  • 先にメールが到着するパターン

「カードをお届けする準備をしております」

可決

「郵送にて結果をお届けします」

→ 否決

「まだ審査中です」

→ 審査中

 

  • 先に何らかの郵送物が届く場合

「カードをお届けできる準備をしております」

可決

「郵送にて結果をお届けします」

→ 微妙(五分五分)

「まだ審査中です」

→ 審査中

例えばアメリカン・エキスプレスの場合は、可決の場合にウェルカムメールが届くケースがあります。もちろん、そのメールが到着すれば可決に疑いなし

一方、デスク確認で「郵送にて…」と言われた場合も可否かどうかなんとも言えないところがあります

なぜなら「特定記録郵便(カード)が後日に来るよ」と言う郵送物がAMEXから送られてくるパターンがあるからです。

んー、申込者をドギマギさせますねw

申し込もう、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 

ラグジュアリーカードはいかがか

今回のラグジュアリーカードのデスク対応からすると、本気で否決を疑わざるを得ません

ちなみにNETstation登録完了のお知らせは、同内容の郵送物が手紙サイズで送られて来ます。

しかし本確から9日経過した現時点でNETstation登録メールは来てないし、そのメールが来る前にNETstationの郵送物が来るとも思えません。(てか厳密に言えば、NETstation登録の郵送物は可決の連絡ではないですね)

つまりは残念ながら、今回のラグジュアリーカードデスクが言っていた「結果を郵送しています」は、”否決のペラ紙を郵送しています”の意味と捉える事が妥当です

んー、残念!!!

【公式】ブラックカードの詳細
【公式】チタンカードの詳細

 

ラグジュアリーカードは、何気に審査厳しいですねw そして審査に時間を掛けるのがこのカードの特徴です。

私にとってJCBザ・クラスとラグジュアリーカードは、審査が通らない二大巨塔として立ちはだかっています。


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です