ラグジュアリーカード チタンが到着!高画質な画像レビューします。美しいデザインに魅了される、金属製カード。

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

アプラス発行の金属製カード、ラグジュアリーカード(Luxury Card)のチタンカードが可決判明し、約1週間

郵便局から「本人限定受取郵便(特伝)」のお知らせが届き、ラグジュアリーカードが地元の郵便局まで到着したことが判明。

待っていないで、自分から郵便局に取りに行くことに。そして、いよいよラグジュアリーカードが手元に到着しました!詳細な高画質画像でデザインメインのレビューを行ないます




本人確認が無いのは、特伝だから

ラグジュアリーカード申込み時にアプラスより本人確認資料の提出指示がありませんでした。どういうことかと思っていたのですが、この理由はカード本体を受け取り時に同時に本人確認を行う「本人限定受取郵便(特伝)」で発送されていたためと判明。

この本人確認スキームって楽天カードと同じなんですが、金属製の高価なカードで行って大丈夫なのかな?w ともかく私は3回目の申込みで可決に至ったので今回の様な特伝で届いたのかも知れません

 

箱で届く

ラグジュアリーカードを郵便局に取りに行って、まずはカード本体が箱で届いていることに心が揺さぶられましたww 普通クレジットカードと言うのは、封筒でカード本体が送られてきますよね。

ラグジュアリーカードの受け取り時に驚かされるのは、「カード本体の発送を段ボール箱 」+ 「中に高貴なウェルカムキット」、そして「更にその中に金属製のカードが仕込まれている」ことです

 

15cm x 25cm x 10cmほどの段ボール箱が到着

 

ウェルカムキットには社長サイン付きで「ようこそ」が

 

いよいよ開封

何重にも箱やカバー覆われたラグジュアリーカードは、箱を手にしてから一瞬で姿を見せてくれませんw この『本体はまだかー!』みたいなソワソワ感は、わざと作っているんでしょうね。明らかに封筒で送られてくるカードとは違う高級感を感じます。

そしてついにカードと対面。色合いは『シルバーと言うより、グレーっぽい』というのがラグジュアリーカードのチタンカードのファーストインプレッションでした。見る角度によって色合いが若干変化します。

 

開封した。待ってたよこの時を

 

角度によってはグレーっぽく見える美しいデザイン

 

手に持ってみる

ラグジュアリーカードのチタンカードを手に持ってみました。瞬間的に『むむっ!』っと感じるほど、明らかにプラスチック製のカードとは異質です。そして冷たく、そしてズッシリ重いです。

触ったファーストインプレッションは『鉄板』といった感じ(本当に鉄板ですがw)。ただしカード本体は、鉄板と言うチープな響きとは全く別の高級感あふれるマテリアルで構成されています。レーザー加工された印字や、削り出しされたカード本体は、極めて美しく感じます。

芸術品というか、例えるならば高級腕時計の様な質感です。うん、確実にそれに近いですね。『ラグジュアリーカードは高級腕時計』と言う例えが一番シックリきます。

 

正面から見ると、美しいデザインが更に際立つ

 

斜めから見ると、反射で光が券面に染み渡る

 

裏面は、これまた異質

表面と違い、ラグジュアリーカードの裏面は鱗の様なデザインになっています。ここに不正防止用のホログラムと併せて、ワールドエリートのロゴが!

ラグジュアリーカード各コンシェルジュの電話番号や、当然ですがサイン欄があります。『金属製だからサインしづらいかな?』と思いましたが、大丈夫。サイン欄だけはサインペンのインクがしっかりと乗るような材質で出来ています。

裏面はAMEXプラチナ・カード風の色合いで出来上がっている、ラグジュアリーカードのチタンカードでした。

 

裏面は鱗模様のラグジュアリーカード

 

マスターカードのロゴが美しい

ラグジュアリーカードチタンカードが到着し、手に取り染み染みデザインレビューを行ってみました。このラグジュアリーカードで一番美しく思えたのが『マスタカードのロゴ』です。日本で唯一箔押しロゴとなった、ラグジュアリーカードのマスタカードロゴ。

このラグジュアリーカードのマスタカード箔押しロゴは、箔押しを通り越しもはや金属そのものです。レーザー加工されているのか、非常に綺麗なラインで輪が刻まれています。見ているだけで惚れ惚れしてしまう様なデザインです。

 

輪の連続が美しい、ラグジュアリーカードのマスタカードロゴ

 

デザインだけでも大満足

ラグジュアリーカードは、その名の通り『超ラグジュアリー』です

しかも全くベネフィットを利用していない状況で、ラグジュアリー感を感じるんだからコレは凄いことですよねw もちろんコンシェルジュやトラベル関連のベネフィットも満載です。

今後使い倒して、ベネフィット面でもレビューを行っていきます。

 

知らない人は落とすくらい、重い

ラグジュアリーカードの初利用は、スターバックスでした。トレイに載せたラグジュアリーカードを、レジのお姉さんが手から落としていまいました!それくらいプラスチック製のカードとは差がある重量感です。

スタバのお姉さんから「始めてみました!これって凄いカードなんですか?」と、早速聞かれラグジュアリーカードの威力を感じることにw

プラスチック製のカードとは全く別物のカード、ラグジュアリーカード。これは持ってみないとデザイン的真意が判別しようが無いカードです。欲しい方、ポチってみてはいかがでしょうか。

【公式】ブラックカードの詳細
【公式】チタンカードの詳細

 

所有感がガッツリあるカードは、正直初めてです。ラグジュアリーカードを持った感想は、『オメガの時計を買った』と全く同じ感じと言えます。

年会費5万円でコレだけ所有感があるカードを持てるなら、結構安い部類じゃないでしょうか?


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

8件のフィードバック

  1. 穂積 より:

    ラグジュアリーカード入手、おめでとうございます!本人確認なかったのが不思議だったんですが、そういうことだったんですね。

    レジでカード落とされるのと、なにこれ機械通るの?みたいな感じでひねくり回されるのは、ラグジュアリーあるあるです(笑)

  2. ホテワショ より:

    「これって凄いカードなんですか?」の返しが気になります。

  3. ぷよ より:

    僕も何回も落とされますね。

    一番面白かったのがタクシーの運転手さんが手から落としてガシャンとなった後、「お客さん、これ普通のカードじゃないですね」と真顔で言われ吹き出しそうになりました。

  4. コンラッド より:

    ラグジュアリーカード可決おめでとうございます。
    おそらくですが、導入当初は話題性とステータス性の観点から可決者を少なくしていたんでしょうね。
    最近ではTwitterで公式プロモーションが流れてきたりしてましたので、今は顧客拡大を図っているのかもしれません。
    残念ながら私は20代ということと、今狙っているのがザ・クラス(先月2回目の突撃をしてまたまたダメでしたが…)、次点でヒルトンVISAプラチナなのでラグジュアリーカードに手を出すのは当分先になりそうです。
    引き続きレビューお待ちしてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です