SFC土日修行僧が株主優待券を使うメリット!を実際に調べてみた。

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

2018年1月から開始予定のSFC修行について調べていました。そんな中「旅割28プレミアム」は土日に予約を入れることが非常に難しいことが分かってきました。

私の考えも当たってたようで、コメントでも同様のご意見をいただきました。ありゃ〜、「完全無料でSFC取得」は難しくなってきましたね。。

そこで「少しコストは発生するが、旅割28よりも使いやすい手口」として、ANA株主優待券を利用する方法を考察してみます




土日修行僧には厳しい旅割28プレミアム

平日休みがコントロール出来る人にとっては非常に有効な方法である「旅割28プレミアム」を使ったSFC修行。ところが、これが土日となると一気に予約が難しくなります。

予約は「搭乗2ヶ月前の9:30から」なんですが、即時完売になるレベルだとか。しかもキャンセルや便変更もシビアな設定になっていて、旅割28プレミアムは土日修行僧にとっては高嶺の花の方法なんですね。

裏技的に「搭乗2ヶ月前と14日前に予約する」手口もあるらしいですが、これも瞬間的に売り切れるんじゃないかな〜と思ってたり。しかも2018年1月から修行開始するとすると、ANAアメックスゴールドの発行も含め全然間に合わないということが発覚w

ありがた~い参考→SFC修行に必須の裏技。「プレミアム旅割28を予約開始日より14日前に確保する。」 – すけすけのマイル乞食

 

株主優待券利用なら結構余裕

そこで現実味を帯びてくるのが「株主優待券を利用したANAプレミアムクラスの予約」を利用した手口です。

ANA株主優待券を使うと、ANA国内線チケットを半額で購入することが出来ます。半額効果はもちろんANAプレミアムクラスにも有効です。PP(プレミアムポイント)は125%の積算率なので、「旅割28プレミアム」を使うのと同じ効果があります。

ANAの株主優待券はネットで転売されており、1枚あたり約3,500円前後です

 

え?いくらになるの?

OKA-HNDの「プレミアム株主優待券割引」を使うと、30,190円で片道購入が可能となります。往復(2レグ)で60,380円

株主優待券と合わせると、2レグあたり64,000円ほどでしょう。私は前回記事で書いた通り、フライトチケット代のほとんど全てをANAスカイコインで消費させるので、株主優待券以外はほとんど無料で購入できる算段を取っています。

まとめると、、

  • ANA株主優待券は1枚(片道)約3,500円
  • 2レグでチケット込み合計約64,000円ほど
  • ANAスカイコインを使えば、実質株主優待券の3,500円だけで済む

 

旅割28プレミアムのキャンセル料は段階的アップ

 

株主優待券利用の方が流動性が高い

「旅割28プレミアム」は予約がシビアな上に、キャンセルもシビアな設定です。予約の便変更は出来ない点、そしてキャンセルは搭乗55日前までは無料だが、それ以降は段階的にキャンセル料が上がっていく点です。

一方の「プレミアム株主優待券割引」利用だと予約も当日までOKな上、キャンセルも便変更も可能です。搭乗前日や当日に急用が入ってしまっても大丈夫。株主優待券利用ならば無料でキャンセル可能です。(ただし払い戻し手数料、1区間あたり430円は発生)

旅割28プレミアムとプレミアム株主優待券のメリット、デメリットをまとめてみました。

旅割28プレミアムのメリット

  • 最も安い125%PP加算のフライトチケット
  • 平日休みが取れるならコレが一番安上がり

旅割28プレミアムのデメリット

  • 土日の予約を取るのは、超至難
  • キャンセル設定がシビアで便変更不可
  • 予約開始時にPCに張り付いてなければならないw

 

プレミアム株主優待券割引のメリット

  • 土日でも予約が取りやすい
  • キャンセル、便変更が当日も可能
  • 125%PP加算で、旅割28プレミアムと同じ

プレミアム株主優待券割引のデメリット

  • 株主優待券購入コストが発生する
  • プレミアム旅割28より少しチケット代が割高

 

あら、意外とプレミアム株主優待券のデメリットってほとんど無いですよねw

 

結局、総額いくらになるのか?

前回記事で書いた通り、私は今回のSFC修行フライトチケット代の大半、もしくは全部をANAスカイコインで賄おうという計画を立てています。

再計算してみましょう。予定では、492,800ANAスカイコインが2018年1月にANAマイレージ口座に有るはず

プレミアム株主優待券割引の場合、フライトチケット代はOKA-HNDの2レグあたり総額60,380円でしたね。そしてANA株主優待券の購入費用が1枚あたり3,500円と仮定します。

フライトチケット代

60,380円 * 9往復 = 543,420円(or ANAスカイコイン)

ANA株主優待券代

3,500円 * 18レグ分 = 63,000円(実費)

総額

606,420円(現金計算の場合)

PP単価は11.7円となります。まぁまぁじゃないでしょうか?決して超激安ではないですが、そもそもANAスカイコインで飛ぶので、PP単価の事はあまり頭に入れていおりませんw

前回記事→完全無料でANA SFCの修行をすることに決めた!計画を大公開。

2018年1月に貯まっているANAスカイコインは約500,000スカイコインの予定です。(もう少し増やせるかも)543,000オーバーまでスカイコインさえ貯めておけば、実費のANA株主優待券の出費だけでANA SFCが無理なく取得できる計算になります!

そうすればもう少しPP単価も落とせることになりますからね!

 

ひぇ〜、SFC修行僧ってこんなに複雑怪奇に計算てしたのか。自分で計算してみて計画を立てるところから修行は始まっていると実感しましたw

しかしながら、ANAプラチナステータスからのSFCという最終目標に目をやれば大した苦労でもないのも事実。楽しみながら修行しましょう!


関連記事


友だち追加
 ・公式LINEアカウント有り(クリックで友だち追加!)
 ・ブログを実名化しました!→書いてる人間が誰なのか見てみる
 ・ステータスマッチ最新情報「ステータスマッチ.jp!」


© プラチナ・カード・ライフスタイル (https://platinum.blogs.jp.net)

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

You may also like...

2件のフィードバック

  1. zepp より:

    連日、失礼します。
    私も最初は同様のプランでしたが、後半は比較的チケットが取りやすく、同じくらいの単価に落ち着く東南アジアへの週末タッチに移行しました。ご飯美味しいですし(笑)
    OKAタッチに飽きたと言うのもありますが、、、
    終わってみればプランを立てるのも楽しかったので、ゆっくり考えて下さい。
    そして読者的にはどのSFCカードにするのかも気になります(笑)

    • 太田 伊央 より:

      今回は週末修行なので海外行けるかな〜と、考えてみたり。
      考えるのも楽しみの一つですからね!
      記事にも書きましたが、ANAアメックスゴールドをSFC化予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です