ANAアメックスよりデルタアメックスを選ぶ3個の理由

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

IMG_0629_52.jpg

 

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードを申し込みを考えている方でこの記事を読んでる方は、幸運です。

今からANAアメックスではなく、デルタ スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・カードを選ぶべき理由を知ることが出来ます。

では、ANAアメックスではなく、デルタアメックスを選ぶ理由、そしてデルタアメックスの優位点をANAアメックスと比較しながら説明します。

1. デルタ航空上級会員ステータスの「ゴールドメダリオン」がカードを取得するだけで付与される

これが一番大きいデルタアメックスを持つべき理由です。

デルタ・アメリカン・エキスプレス・カード(一般カード)では、シルバーメダリオン、

デルタ スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、ゴールドメダリオンがカードを持っている限り付帯されます。

これは、ANAの上級会員でいうところのブロンズステータス(スターアライアンスシルバー)やプラチナステータス(スターアライアンスゴールド)がカードに入会するだけで取得できる事に匹敵するのです。

上級会員というのは、相当の搭乗回数を積まないと得られないステータスです。

シルバーメダリオンはスカイチームエリート、ゴールドメダリオンはスカイチームエリートプラスのステータスなので、デルタ航空利用時はもちろん、デルタ航空以外のスカイチームアライアンスの他社便(大韓航空、KLMオランダ航空・エールフランス、etc…)を利用する際にもエアラインラウンジが使えたり、優先チェックイン、優先搭乗、手荷物優先取り扱い等、持っているだけでご利益があります。

また上級会員なので当然、インボラアップグレードを受けられる確率が上がります

 

では一方、ANAアメックスだとどうなのか。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、なんのステータスも付与されません。

言ってしまえば、ただのクレジットカードです。

確かに、ANAを多く使う人にはマイルが貯めやすい、というメリットがありますが、本当にそれだけです。

むしろそれ以外のベネフィットはプロパーのアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードかそれ以下なので、(比較的イージーに)ANAマイルを貯める以外のメリットは無いといえるでしょう。

ゴールドメダリオンが手に入る、デルタアメックスゴールド入会キャンペーン中!!

 

2. デルタ航空のマイルは意外と使いやすい

デルタ航空はアメリカの航空会社なので日本の国内線は就航していません。

もしあなたが海外旅行や海外出張によく行く方であれば、1番目で説明したように、ANAアメックスよりデルタアメックスのメリットの方が多くなります。

デルタアメックスでは日々のショッピングで貯まったマイルの移行先はもちろんデルタのみとなります。

「デルタ航空にマイル貯めても使わないし」と思っていませんか?

デルタ航空は世界有数の便数を誇るエアラインです。日本ー北米便はもちろんのこと、日本ー東南アジア、日本ーハワイ、日本ーミクロネシアなど、日本人がよく利用する路線を網羅しています。

さらに、デルタ航空のマイルはスカイチームの他社便に充てることもできるので、KLMオランダ航空でアムステルダムへ、とか、エールフランスでパリへ、なんてこともできるんです。

例えば、成田ーバンコクは45,000マイルからで行けてしまいます。

しかもデルタ航空の特典航空券のいいところは燃油サーチャージが掛からないところです。

ANA特典航空券の場合、マイル+燃油サーチャージの実費が必要となるので、その点でもデルタアメックスを選ぶメリットがあります。

>入会後、50,000マイルゲットすることも可能なデルタアメックスの申し込みはこちら!

 

3. 入会ボーナスを含めると、一気に5万マイル以上貯める事が可能

私は、デルタ スカイマイル・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを取得し、直後にデルタ航空を使い、バンコクに旅行に行きました。

その際に、ファーストフライトボーナスとして、25,000マイルが付与されました。

入会6ヶ月以内のデルタ便フライトでエコノミークラスは10,000マイル、ビジネスクラスで25,000マイルが付与されます。

 

まとめると・・・

入会キャンペーン:8,000マイルと10,000マイル(ふたつのキャンペーンが重なりました)

成田ーバンコク間の搭乗マイル:5,000マイル

ゴールドメダリオンボーナス搭乗マイル:4,500マイル

ファーストフライトボーナス:25,000マイル

フライトチケット代金のポイントをマイル化:2,000マイル

—————————————————————————-

合計:54,500マイル

 

どうせ使うならファーストフライトボーナスを含めて50,000マイルゲットしたいですね。

50,000マイルあればデルタ航空を使って、もう一度バンコクに行くことが出来ます。

 

 

 

まとめ

ANAアメックスとデルタアメックスを比較すると、なんといってもメダリオン会員が取得できるデルタアメックスに軍配が上がります。

デルタアメックス → 上級会員ステータスが付与

ANAアメックス  → 何もない

 

ANAアメックスとデルタアメックスのどちらか悩んでいる方は今すぐデルタアメックスを選びましょう。

>便利でサービス豊富なデルタアメックスはこちらから申し込み

 

>

「どうしてもANAアメックスの方が良い!」と思われた方はこのリンクから申し込み出来ます!

 

 

 

気になる方はクリック!
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村

 


You may also like...

2件のフィードバック

  1. yamaguchiyasuyuki より:

    私も、このカードデルタamexゴールドカードを使って海外旅行に行きましたが、ラウンジを使えるのは楽しいです。特に関空では、チャイナエアラインの、ラウンジが、無いのでJALのサクララウンジが使えました。ホントに良いカードにめぐり会えたと思います。

    • 太田 伊央 より:

      デルタアメックス、ホントいいカードですよね。
      私がANAアメックスではなくて、デルタアメックスを圧倒的にオススメする理由はそこにあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です