コンシェルジュ対応の違い アメックスプラチナとシティプラチナ

友だち追加 
Pocket
LINEで送る

amex_citi_platinums

以前、あるアーティストのコンサートのライブチケットを予約したく考えていました。

しかし、そのライブのチケット予約は電話のみで受付で、発売当日私は仕事で手が離せない状態でした。そこでプラチナコンシェルジュです。今回は2つのコンシェルジュデスクを使い分けて、どのような結果になったのかを記録します。

 

  • アメックス・プラチナ・コンシェルジュデスク(ライフスタイルサービス)

チケットアクセス(イープラス)との提携以外のチケットは手配できません、とのことでした。

結構意外でした。提携以外でも、柔軟に対応してくれると思っていただけに、結構ショックでした(笑)

  • シティ プラチナカード コンシェルジュデスク

対応しくれました!チケット発売当日に指定した人数分をチケット窓口まで電話で予約を入れてくれました。その後、メールで詳細を送ってもらえました。

 

「アメックスプラチナコンシェルジュは可能な限り手を尽くす」と言った印象があっただけに、あっさり断られ拍子抜けでしたが、シティプラチナコンシェルジュは柔軟に対応してくれました。もしかしたら、アメックスもセンチュリオン・プライベート・コンシェルジュのレベルになると対応が違うのかもしれませんね。

「アメックスは旅行系」シティはエンタメ系」といった感じで使い分けると便利かもしれません。アメックスの旅行系ワールドネットワークはシティ(VPCC含む)を超えている印象です。逆にローカルな手配を依頼するときはシティの方が柔軟に対応してくれるのかもしれません。

 

やっぱりコンシェルジュは複数体制がいいですね・・・(笑)

 

 

 

気になる方はクリック!
にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です